• 知らなければいけない
  • 建物をつくるために必要
  • 地中の調査

責任を持つ業者へ相談

業者がやってくれる

地盤調査を依頼する場合、その調査結果に責任を持てる業者の結果を信じるほうが良いです。
実査の土地活用を行うわけではないため、調査結果を信用して工事を発注してから地盤に問題が起こった時に、責任を持とうとしない業者もいます。
そういった業者を見分けるためには、調査結果に対する責任を持つつもりがあるかどうかを単刀直入に聞けばよいです。

業者によって、地盤改良工事まで行えば責任をすべて持つと答えたり、責任をもつつもりがないと答えたりすることがあります。
最終的に地盤改良の必要性があるのならば、その責任をもつと明言できる会社のほうが信頼できるでしょう。

また、ホショウという単語をちらつかせてお茶を濁す業者にも、そのホショウとは何か、具体的な質問を投げかけることが重要です。
補償なのか、保証なのか、どちらのつもりなのかで結果に対する責任意識は全く違います。
きちんと地盤調査の結果を具体的に説明できて、責任の所在を明白にできる相手を信用するほうが、安心できるでしょう。

表面波探査法という手

土地の調査

土地活用をするにあたって地盤調査を行うならば、スウェーデン式サウンディング試験が一般的な方法として利用されています。
しかしながら最近では、表面波探査法という手段が取られることも増えてきています。
その理由に、スウェーデン式サウンディング試験はピンポイントの強さを知るという手法であることに対して、表面波探査法は広範囲で強さを知るという手法であるという点が関わっています。

スウェーデン式サウンディング試験よりももっと広範囲で、もっと明確な数値によって調査結果を詳細に出すことができるのが表面波探査法です。
表面波探査法では、地面に振動を与えることによって、その振動の伝わり方から地盤の強さを判別します。
振動の伝わり方がデータで算出されるため、強い部分と弱い部分が明確になりやすいです。

調査コストは高くなる傾向にありますが、その後の地盤改良工事がじつは不要だった、と判断できることも多いです。
よって、トータルコストで見ると予算が安くなることも多い地盤調査の方法です。

基本的な調査方法

調査

土地活用を行うにあたって利用される地盤調査の方法は、基本的には地中の状況を調べるためのアナログ的な手法となっています。
その状況を調べるために利用される試験の方式が、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる試験方法です。

土地に大きな杭のようなものを突き刺して、その自重でどこまで沈むかを確認します。
そして、沈まなかった場合には重量をかけてどのぐらい沈むかを確認します。
この時、杭のようなものの先端にはスクリューが装着されています。
よって、スクリューを回した量と、沈降した距離とを合わせて診断材料とすることができます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー